iPhoneには「Siri」という音声アシスタント機能が備わっています。タップできない状況でも便利に使えますよ♪例えばiPhone画面割れた滋賀で検索なんかも、できちゃいますのでトラブル時には是非!!「Siri」を使えば会話を通して各種操作を指示できます。例えば、「明日の天気は?」「7時に起こして」といった具合に話しかければ、Siriは人の言葉を理解してリクエストの応えてくれます。少しばかりSiriを使った便利機能をご紹介します。

① アラームを鳴らす

「3分後にタイマー」と言えば、iPhoneが3分タイマーに早変わり。カップラーメンも時間通り作れますよ。また「7時に起こして」とお願いすればiPhoneが目覚まし時計に早変わり♪料理を作るときや昼寝をしたいときなど、日常のあらゆるシーンで役に立ちます。Siriに話しかけるだけなのでロック解除してアプリを起動せずとも手間がかかりませんよ。

② 画像を探す

インターネットで画像検索したいとき、これまでならSafariなどのインターネットブラウザアプリを起動して検索していた人も多いと思います。これもSiriに頼むほうが簡単かもしれません。「猫の画像を検索して」と言えば、自分で検索キーワードを入力せずとも、Siriが検索して表示してくれます。またiPhoneで撮影した写真も表示してくれます。例えば「昨日撮った写真」というだけでカメラロールから表示してくれます。

③ 経路を探す(乗換案内)

iOS10からマップが強化され、これまで対応してなかった電車やバスなどの経路検索も可能になりました。Siriと組み合わせる事で、よりスムーズに乗換案内を表示できます。たとえば「映画館に3時に行きたい」と言えば、到着時間を指定して経路検索ができます。他にも「最寄りの駅に行きたい」「コンビニを探して」とSiriに頼んでもOKです。

④ 流れている音楽の曲名を教えてもらう

音楽が流れているところでSiriに「この曲は何?」などと尋ねると、曲名とアーティスト名を調べてくれます。

⑤ アプリを起動する

使いたいアプリのアイコンがホーム画面に見当たらない場合、Siriを起動させるのも一つの手です。「LINEの起動」「Instagramを開いて」などとお願いすれば、指定したアプリを直接起動させられます。

PR|ホテルのコンサルティングは特殊で再婚カップルは質素な結婚式に
|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|クリニック集客ノウハウ