スマホ携帯の修理で右往左往させられた話

私は以前、アイフォン7のスマホを利用していました。買った当時は7万くらいしたので大事に使っていましたが、ある日故障してしまいにっちもさっちもいかなくなり、とうとう修理に出す羽目になりました。さて、私の場合、スマホの故障の原因は、水です。アイフォン7は今までのシリーズの中でも防水を強調して売り始めていたように記憶していました。

水没してしまったiPhoneを彦根の修理店で直してもらった

なので、お風呂好きな私はアイフォン7と一緒にお風呂に入りラジオを聞きながら半身浴をしたりしていました。ところが、ある日突然画面が真っ暗でうんともすんとも言わなくなりました。そして何より驚いた症状は充電器の部分(特にコード部分の金色の面)が真っ黒になっていたことです。

壊れたiPhoneでも高価買取してくれる彦根の有名店に行ってみた

充電の際にも接触が悪くなり充電できていなかったりと不具合が目立ち始めました。スマホの正規修理店にいって診断してもらったら「これはも使えません」と言われさらに「買い替えるひつようがあります」とがっかりな返事でした。その後も非正規店でスマホ故障見てもらいましたが、検査料を取られただけで、修理できないとつれないお返事。結局、私のスマホは壊れたままでお蔵入りになったのです。今回のスマホ故障についていえることは、携帯スマホをお風呂で使うときは、ジップロックなど防水対策をして入れてあげましょう!ごめんねスマホさん。