長年の「スマホorケータイ 故障or修理」は避けられないが、苦労して修理したらより大事に思えるようになった話。

2018年、新型スマホのiphoneXSが発売されました。最新機種が店頭に並ぶのを横目に見ながら、私は4年以上前に買ったスマホのiphone6を2019年現在でも使い続けています。2018年の12月頃、私のスマホも調子が悪くなりました。

修理が必要になったので彦根のお店にアイフォンを持って行った。

 

また、充電量を朝に100%にしても、何もしていないのに、その日の昼には40%くらいしか残らなくなっていました。

仕事柄、他の人と自分のスマホを使って連絡をすることも多かった為、いざという時に使えなくなっては困ります。そこで、私はスマホのキャリアのショップに行き、まずは故障原因を調べてもらう事にしました。その結果、経年劣化によりバッテリーに問題があると分かりました。修理代金を確認し、スマホを修理に出すことにしましたが、修理に出す前に、自分でスマホのバックアップをとることが必要でした。

彦根市でiPhoneを一番高く買取りしてくれるお店に行きました。

データになっていた為、パソコンへのバックアップだけで一晩がかかりました。加えて、バックアップ作業が途中で中断されている事もあり、泣く泣く最初からやり直すことも数回ありました。その後、なんとかバックアップが完了し、キャリアショップからスマホを修理に出すことが出来ました。

数週間後、バッテリーが交換され、修理が終わってスマホ本体は自分の所に戻ってきました。しかし、何度やっても上手く復元する事が出来ません。結局、アプリを購入し直す等、一から自力で元の状態に戻すことになりました。

そのような苦労を重ねてやっと戻ってきた自分のスマホです。これからも大事に使っていきたいと考えています。それと同時に、今後は、スマホが故障して修理に出さなければならなくなった時の事を考え、こまめにバックアップをとりながら、不要なデータの断捨離も定期的にしていこうと思っています。