私がケータイの故障から修理までを実施できた状況につきまして

私は地元の消防団に所属しておりますが、消防団での活動内容としまして、非常にハードな状況でありまして、一ヶ月に一回に非常に厳しい訓練が想定される形で、放

画面修理で滋賀県長浜市付近のお店にiPhoneを持ち込んだ。

水訓練も実際の消火活動とリンクさせる形で、実施されるものでありました。そこで、私はいつも通りポンプ車に乗って、消火活動訓練に参加したのですが、うっかり

iPhoneを使わなくなったので滋賀県長浜市付近で買取に出した

したことに誤って、ケータイを、上着のポケットの中に入れてしまい、普段の放水訓練におきましては、上着に水はかかることはないのですが、その日につきまして

iPhoneのバッテリー交換が20分で出来る滋賀県長浜市付近のお店

は、新人の消防団員が、新入と言う形で入ってきまして、放水訓練を一から教えなければならないと言う状況でありました。そして新人が通常通り放水訓練の仕様要領を教えている際に、ポンプ車からの出た水圧にビックリして驚くような形で、力を踏ん張って力んでいなかった影響で、ホースが飛び跳ねるように周り水を巻きちらしながら団員ほぼ全てに当たるような形になりました。それを見て慌てふためく新人を落ち着かせると同時に、放水作業を中断させて頃には一番近くにいた私がビショ濡れと言う形でした。圧力がすごい放水を浴びるような形でその時に「はっ!」と言う形で気づきまして、「ケータイは大丈夫か?」と自分自身に自問自答するような形で、ケータイを見てみるとやはり電源がつかなくなっており故障しておりましたこのことから、すぐにケータイショップに駆け込むような形で水濡れで故障してしまったケータイを修理して頂く形でケータイ補償のサービスで新品に交換して頂きホッとしました。